太宰府市・坂本・都府楼前駅 晋の整骨院

坐骨神経痛・関節痛

坐骨神経痛について

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて坐骨神経が通っており、姿勢の悪さや骨の歪みなどで、この坐骨神経が圧迫され、おしりから足全体にかけて痛みが発生する神経痛です。この症状を放っておくと痛みが悪化し、歩けない状態になってしまう事もあります。

太宰府市都府楼前駅3分の晋の整骨院では、患者様の症状をしっかりと問診した上で、痛みの原因のひとつでもある骨盤や背骨の歪みを整えていきます。

関節痛について

関節痛とは、関節の基本的な働きに痛み・障害がある時に起こります。
原因不明の関節痛、特に膝・股関節痛でお悩みの方はご相談ください。
外傷(打った・捻った)が無く、知らない間に関節が痛くなっていませんか?
ほとんどの原因は身体の歪みに関係しています。身体に歪みがある状態で歩行したり動作をし続けると骨格を支えている筋肉・関節に負担が強くかかり痛みが現れてきます。
特に膝痛の方で

  1. 膝の内側や後ろ側に痛みがある。
  2. 下腿外側(すねの外側)の筋肉が歩行時に痛む・もしくは、はる。
  3. 変形が無いのに曲げることが出来ない。
  4. 痛くなった原因が外傷性(打った、捻った)でない。
  5. 年齢のせいだと思っている人
  6. 正座ができるようになりたい人

上記に当てはまる症状がある方は一度ご相談ください。